プラスナノHQは妊娠中や授乳中でも使用できる?

緊急速報!

期間限定54%off>>>【プラスキレイ】


プラスナノHQは妊娠中や授乳中でも使用できる?

シミで悩んでいるという方にはプラスナノHQはオススメしたい商品です。

 

けどもし妊娠中や授乳中だったら、効果の前に使用しても害はないのか?と疑問に感じてしまいますよね。

 

 

もし何も知らずに使用して害のあるものだったとしたら・・・考えるだけでもゾッとしてしまいます。

 

そうならないようにしっかりと知ることが必要ですね。

 

今回は妊娠中や授乳中であってもプラスナノHQは使用できるのかを調べてみました。

 

 

妊娠中や授乳中でも安心して使えるか?

なぜプラスナノHQは妊娠中や授乳中に使ってもいいのか?と思ってしまうのでしょうか?

 

その原因はプラスナノHQに含まれるハイドロキノンが関係しています。

 

プラスナノHQは4%という高濃度のハイドロキノンが配合してあります。

 

そんな高濃度のハイドロキノンには副作用のリスクが高いので使用は避けるべきなのです。

 

 

顔にハイドロキノンを美容目的に塗る程度だと妊娠中赤ちゃんにも問題はありません。

 

でもハイドロキノンは強い物質なので、妊娠中や授乳中のホルモンバランスがかなり不安定な時期に使うと、肌の皮がむけてしまうなどの深刻な肌トラブルが出てしまう可能性もあります。

 

プラスナノHQの公式サイトであるプラスキレイでも使用上の注意があります。

 

それを読んでみると、「妊娠中・授乳中はホルモンバランスが不安定になり易く、お肌も敏感になっておりますので、プラスナノHQのご使用はお控えいただくことをお勧め致します。」との記載があります。

 

やはり大事を取って使わない方が安全ではないでしょうか。

 

 

出産後の乳首の黒ずみの原因は?

妊娠中や授乳中はシミができやすいと言われています。

 

それはホルモンバランスが不安定なことが原因です。

 

 

他にも妊娠中や授乳中の女性を悩ませることってあるんですよ!

 

それは乳首の黒ずみです。

 

よく出産後に黒ずみができてしまったという人がいます。

 

ではそんな乳首の黒ずみにもプラスナノHQは効果があるのでしょうか?

 

 

 

乳首の黒ずみの原因で主なものは3つあると言われています。

 

1つは生まれつきなもの、2つは下着による摩擦や刺激、3つめはホルモンバランスの乱れです。

 

 

出産をした方の原因は3のホルモンバランスの乱れが原因でしょう。

 

妊娠によりホルモンバランスが変わると乳首でメラニン色素が生成されやすくなります。

 

また赤ちゃんがおっぱいを飲むときに見やすくなるために黒ずむとも言われています。

 

 

 

乳首の黒ずみにはプラスナノHQが効果的です。

 

プラスナノHQに含まれるハイドロキノンがシミ同様に色素沈着を改善したり抑制できちゃいます。

 

ハイドロキノンの効果は最大の美白成分と言われているんです。

 

 

ハイドロキノンのすごいところはシミや黒ずみの原因を作らせないだけではありません。

 

できてしまった黒ずみやシミを消してしまう働きがあるんです。

 

これがプラスナノHQが支持される要因でしょう!

 

 

ただ肌の弱い方は赤みが出てしまうこともあるので注意が必要になります。

 

そんな方はハイドロキノンを塗る前に化粧水で保湿してから塗ってみましょう。

 

すると皮膚への刺激感を軽減することができちゃいますよ。

 

関連ページ

プラスナノHQに含まれる全成分から見る安全性とは?
プラスナノHQの成分として有名なのはハイドロキノンですよね。でもプラスナノHQの全成分は意外と知られていません。プラスナノHQの全成分もよく知らないと安全性も心配になります。全成分と安全性を徹底解剖します。