プラスナノHQに含まれる全成分から見る安全性とは?

緊急速報!

期間限定54%off>>>【プラスキレイ】


プラスナノHQに含まれる全成分から見る安全性とは?

プラスナノHQってとっても人気ですけど、その全成分を知っている人は少ないですよね。

 

そもそも全成分を確認する人ってなかなかいないものです。

 

でもそれだとプラスナノHQの安全性が分からないってことですよね?

 

使用する前にもう一度全成分を確認して安全かどうか確かめてみましょう!

 

 

プラスナノHQの全成分について

プラスナノHQの全成分には主に3つの成分が含まれています。

 

1つは保湿成分でBGやグリセリンのことを言います。

 

 

保湿効果が期待できる成分なのですが、湿度が下がると効果が半減する可能性もあるようです。

 

2つめは油性成分で、シア脂やミツロウです。

 

肌をなめらかにしたり、柔らかくしたり、水分蒸発を防いでくれる成分です。

 

 

3つめは界面活性剤です。ステアリン酸グリセリン(SE)やアラキルグルコシドです。

 

水と油を混ぜ合わせる働きがあります。

 

ただ配合されているものによっては刺激物なので肌への刺激に注意が必要です。

 

プラスナノHQの配合されている成分では皮膚への刺激は少ないものなのだそうです。

 

 

それよりも全成分で注意する必要があるものはDPGとエタノールになります。

 

DPGは目や肌への刺激が懸念されている成分で、エタノールもお肌を乾燥させる力があるのだとか。

 

でもプラスナノHQの中に含まれるエタノールの安全性はアレルギーを持っている人以外は心配なさそうです。

 

 

安全性は?

プラスナノHQの美白成分として有名なのはハイドロキノンですよね。

 

実はそのほかにもレスベラトールやビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・アスタキサンチンがあるんです。

 

 

まるで美容液のような配合成分なんですよ!

 

美容液と同じようなものなら、顔全体に塗りたいと思ってしまう人もいるのですが、それは注意が必要です。

 

というのも、プラスナノHQの安全性に問題があるみたいなんです。

 

 

それはプラスナノHQを健康な肌に塗ってしまうと赤みが出てしまうようなのです。

 

この赤みの原因はハイドロキノンの強い効果が原因です。

 

 

 

初めて使う場合は赤みやヒリヒリが出やすいと言われています。

 

驚くことにこの赤みは悪い訳ではないみたいなのです。

 

これは肌の奥に効果が出ているというサインで、効果が現れる前兆のようなものです。

 

 

赤みがでたらまず使用を中止してください。

 

赤みが引いてきたら、プラスナノHQを再び使用してもOKです。

 

これを繰り返すことによってシミが薄くなったという人もいます。

 

 

 

しかし使用を中止してもなかなか治らない場合は体質が合っていない場合があるので、使用を止めてお医者さんに相談してくださいね。

 

長期的に使用をしてしまったり、肌質によっては赤みが消えないということがあるようです。

 

使用前には安全に使用するためにパッチテストを行いましょう!

 

自分の使用方法は合っているのかを再度確認することも安全性のためにも必要ですね。

 

 

安全性を調べていくと白斑ができてしまうという話も耳にしました。

 

この白斑は長期的な使用やハイドロキノンの使用でできてしまうこともあります。

 

プラスナノHQは1ヶ月に1本の目安で使用し、先ほども述べましたがシミ以外には塗ってはいけません。

 

シミではない肌にぬると白抜きになってしまう可能性がありますよ。

 

つまりシミなどの色素沈着が薄くなった時点で使用は止めた方が安心ということですね。

 

 

関連ページ

プラスナノHQは妊娠中や授乳中でも使用できる?
妊娠中や授乳中には色々なことに気を遣いますよね。妊娠前は使っていたプラスナノHQは妊娠中や授乳中に使用してもOKなのでしょうか?また産後に起きる乳首の黒ずみにプラスナノHQの効果は期待できる?